むくんでしまっているとせっかくダイエットしても太って見えてしまいます。普段から予防するよう心がけましょう。

むくみ予防

むくみ予防

長時間座り続けてしまったり、お酒を飲みすぎてしまったなどむくみの原因は日常にたくさん潜んでいます。一時的なむくみでも毎日続いていると慢性化し、改善がむずかしくなります。悪化する前に生活を見直してむくみを予防しましょう。

むくみを予防するにあたって運動・食事・休息の3つが特に大切です。

適度に運動を行う

適度に運動

運動というとジョギングやスポーツなど汗をかくような運動を想像しがちですが、姿勢の変化を行うことだけでも十分です。職場では同じ姿勢になりがちですが、自宅ではなるべく姿勢を変えることを意識してください。同じ姿勢が続くとむくみやすくなり、ぐだぐだすることで血行が悪くなり余計にむくみを引き起こします。テキパキと動き家事などを行うだけでも体を動かすには十分でむくみの予防とも言えます。

睡眠と休息をしっかりとる

睡眠と休息

疲れたと感じたときは横になって休むようにしてください。横になることで腎臓への血流が増えそれによって余分な水分を尿として蓄めます。休息を取らず睡眠不足などが続くとストレスがたまったり、体に疲労物質がたまりむくみやすくなるとされています。日中は足に血液がたまりむくみやすいので睡眠時に足にクッションを入れて心臓より高い位置にすることで翌日の足のむくみを予防することができます。

食事の栄養の見直し

食事の栄養の見直し

ダイエットや外食で食事の栄養バランスが乱れることによってビタミン、ミネラル、たんぱく質など必要な栄養素が足りていないとむくみやすくなります。またむくみの原因となる塩分を摂りすぎないようにしなければなりません。そのため、ジャンクフードやカップめんなどを控えて野菜を取り入れた食生活をおくることでむくみは予防することができます。

むくみ予防に最適なのはカリウムという成分を含んでいる食材です。普段の生活で摂取しやすいのがアボカド・納豆・ホウレンソウ・大豆・さつまいもなどです。多量に摂取すれば良いというわけではないのでおかずの一品などに加えてみると良いでしょう。

このようにちょっとした生活習慣を改善するだけでもむくみは予防することができます。むくみだけに限らず健康にも良いのでぜひ実践してみてください。