Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/trydqxw1/public_html/common/common.php on line 194

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/trydqxw1/public_html/common/common.php on line 194
ゼニカルについて詳しく解説!
ゼニカルは努力のいらないダイエットTOP > ゼニカルについて詳しく解説!

ゼニカルについて詳しく解説!

ゼニカルとは

ゼニカル

1998年にスイスの大手製薬会社「ホフマン・ラロシュ社」が長い研究開発期間を経て、肥満改善薬ゼニカルをヨーロッパ全土に向けて発売開始しました。翌年の1999年にはアメリカの食品医薬品局であるFDAの許可も降りたため肥満大国であるアメリカでも発売が開始されました。

ゼニカルは体の中に取り入れた油分が吸収されるのを阻害する事で体の外へ排出させる薬です。有効成分名はオルリスタットですが、似たような効果を持つセチリスタットという肥満治療薬もあります。また市販薬であるOTCバージョンの薬としてグラクソ・スミスクライン社から「アリ」という名前で販売されている商品もあるようです。

薬は開発される際に事前に期待していたメインの作用以外に副産物としての副作用という影響が出ます。その副作用を利用してそのまま製品化する事もありますが、ゼニカルは初めから肥満を改善するための薬として開発されています。開発された背景にはアメリカなどの先進国で肥満が社会的に問題になってきたという事があります。

日本国内では未承認の薬ですが、肥満治療を行うクリニックなどでは国内でも処方している病院もあります(薬代は自費になります)。

効果について

肥満を治療する薬として開発されたゼニカルですが、その効果はどのようなものなのでしょうか。

私たちが普段食事として口から体の中へ食べ物を流し込んでいますが、その食べ物を吸収しやすくするために分解する必要があります。この分解の作業を行うものがリパーゼという酵素です。
ゼニカルの有効成分であるオルリスタットは、このリパーゼの働きを阻害する作用があります。このリパーゼの働きを邪魔する事で、食事で採った栄養分や脂肪分を体に取り込まれやすい状態にしようとしていたものをそのまま体の外へ便と一緒に排泄させてしまいます。

油分や栄養分がそのまま体の中を通り抜けて外へと出て行くので当然カロリーもカットされた状態となります。約30%の油分をカットしてくれるので、とても脂っこい食事をした時にだけゼニカルを飲むといったような使い方ができます。そうすれば翌日には便と共に油が排出され、体の中に取り込まれずに済みます。

肥満を治療するための薬として開発されているので、サプリとは違いその効果はほとんどの人が感じる事ができます。便と共に出てきた油の量をみて、いかに自分がたくさんの余計なカロリーを摂取しようとしていたか実感するはずです。

副作用について

体の中に取り入れた脂肪分を30%カットしてくれるゼニカル。その副作用にはどんなものがあるのでしょうか。

代表的な副作用としてはお腹がゆるくなってしまうというのがあります。おならの回数が増えたり、おならだけかと思って油断したら油も一緒に出てきてしまったりととても恥ずかしい思いをする事につながるような現象がおきるので、生理用ナプキンを使用する事をオススメします。
この副作用はゼニカルを飲み始めて3ヵ月以内に起こり、通常は数週間で症状が治まりますが、長い人になると数ヵ月続く事もあるので副作用が収まるまでは注意が必要です。

お腹がゆるくなる以外にはビタミンの不足があります。ビタミンやβカロテンは脂肪と一緒に体に吸収されるので、ゼニカルを長期で服用する場合はビタミン不足になってしまう可能性があります。たまに焼肉に行ったからゼニカルを飲むというような使い方をする場合は気にしなくても大丈夫ですが、継続して服用する場合はサプリなどで補うようにして下さい。
サプリを飲むタイミングはゼニカルを服用する前後2時間は避けたほうが良いですね。せっかく摂取したサプリの効果をゼニカルで流してしまう事になりかねません。寝る前などが良いですね。

飲み方について

ゼニカルはダイエットサプリではなく肥満を解消するための薬なので、用量や用法には気をつけなくてはいけません。ここではゼニカルを飲む際の注意事項について説明します。

1度に飲む量は1~2錠
ゼニカルは効果の高い薬なので、1度に2錠以上飲むのは禁止されています。もし2錠以上飲んだとしても、カットできる油分が増えたりする事は無いので、用量をきちんと守るようにして下さい。また1日に飲める上限は3錠までです。

脂肪分の多い食事の時に飲む
脂っこい物を食べた時には脂肪分を30%カットしてくれるというすばらしい活躍を見せてくれるゼニカルですが、脂肪分がほとんどない食事の時にはカットする必要のない脂肪分や、その中に含まれているビタミンの吸収までも阻害してしまうので飲む必要はありません。
ビタミンが不足してしまうとドライアイや肌がカサカサになったりするので食事の内容によって使い方を変えましょう。

効果があるうちは他のサプリや薬を飲まない
ゼニカルが体の中に入ってから効果がなくなるまで約1~2時間くらいかかります。この間にサプリなどを飲んでしまうとせっかく飲んだ栄養分が体に吸収されるのを邪魔される可能性があるので、ゼニカルの効果が無くなってから飲むようにしましょう。

購入するには

脂っこい食事をしながらダイエットする事ができるゼニカル。そんなゼニカルを購入するにはどこへ行けば良いのでしょうか。残念ながらゼニカルは薬局やドラッグストアなどでは販売されていません。では病院に行けば手に入るのでしょうか。たしかに肥満治療を行うクリニックでは処方している所もあります。しかしそもそも日本では認可されていない薬なので保険はきかないし、またかなり太っている方でなければ処方してもらう事はできません。

それじゃあ手に入れる方法が無いじゃないか~!と思った方、心配する事はありません。通販サイトを利用して買う事ができるんです。

個人輸入というのをご存知でしょうか。文字通り個人が海外より商品を輸入するという事なのですが、個人がわざわざ海外へ行かなくてもそれらを代行してくれるサイトを利用すれば、国内にいながら海外の商品を購入する事ができます。外国語ができなくても心配いりません。
サイトはすべて日本語で表記されていて、国内の通販サイトを利用するのと全く変わりません。欲しい商品を選んでカートに入れて、後は名前や住所、支払い方法などの情報を入力するだけです。商品が到着するまでは多少時間がかかりますが、それでも1~2週間くらいで届きます。

このチャンスに食事を気にしなくても痩せられるダイエットピルゼニカルを通販サイトから購入してみてはいかがでしょうか。