過食症はストレスが原因である事が多い病気です。特にダイエットの延長である事が多いので無理なダイエットは要注意です。

過食症とは

過食症

過食症とは、食欲を抑制することができず、体に必要以上の食事を取り込み、嘔吐などの方法で排出させる摂食障害の一つです。別名、神経性大食症といい、過度なストレスが原因となって引き起こされるとされています。

名前だけ聞くと、過度に食事をとってしまう、食いしん坊のようなイメージですが実際は食事で摂取したものを排出させることを目的としている場合が多く、排出といっても自然な方法ではなく嘔吐したり、下剤を使用したり、体になるべく吸収させない方法で無理に排出させます。そのため太っている人は少なく、痩せ型の人が多いのが特徴です。見た目に現れないため周囲に気付かれずに病状が悪化してしまうケースも多いとされています。

この過食症にかかりやすい人は、自分にストイックな人や他人からの目が気になるなど見た目への意識が強いことが挙げられます。そのため最近では10代や20代の女性がダイエットの延長線上として発症してしまうケースが多くなっています。またダイエットには関係のないストレスであってもはけ口が見つからず過食に走り、過食したことに対する自責から排出行動を行うというパターンもあります。

過食症

排出行動のなかでも過食して嘔吐する過食嘔吐が手っ取り早いため行う人が多いですが、過食嘔吐を繰り返すことによって、合併症引き起こす場合があります。

身体症状

女性の場合栄養が足りず痩せすぎの状態になることで月経異常が起きることがあります。また嘔吐によって胃液が逆流することで食道の炎症を起こし吐血したり、歯が溶けてしまいます。その他にも不整脈、電解質異常(カリウム・ナトリウム)など重篤な症状も起こる可能性があります。

精神症状

自分の意思をコントロールできず過食してしまうことから精神症状があらわれやすく、うつ症状や、不安障害、変動性、衝動性などを伴う場合があります。不安定な精神状態において、自殺行為や、薬物乱用、万引きなどの異常行動を引き起こすことがあります。

精神症状

このように過食症によって命の危険にさらされてしまうこともあるのです。近年さらに増加傾向にある過食症ですが、20代女性に多く体系や体重が強く影響している病気です。無理なダイエットから発症することが多いため、きちんと正しい知識を持ったうえでダイエットを行わなければなりません。